【もしかして:オク下で歌ってる!?】オク下の判定法・直し方

「好きな曲を歌っても、
なんかスッキリしないことが多い…。」

「声が低い方で、
かつキー調節はあまり使わない。」

どちらも当てはまる人は
オク下で歌っている可能性があります。

 

オク下はネットで調べると、
あまり良い意味ではないことがわかります。

曲の雰囲気を壊してしまったり、
聴いている人に違和感を与えてしまいます。

 

ただ、ひとつ難点なのは
オク下かわからない人も多いことです。

無意識にオク下で歌っている
無自覚オク下がかなりいるのが現実。

 

そこで、この記事で
オク下の意味や判定法・直し方を解説します。

初心者にもわかりやすく説明しますので、
最後までついてきてください!

 


オク下とは?

オク下とは、
オクターブ下の略称です。

オク下とは、原曲の音より
1オクターブ低い音で歌っていることを言います。

 

オクターブとは、
ドレミファソラシドのひとつのかたまりです。

レミファソラシレミファソラシド・・・
と音は高くなっていきます。

 

本来はの音で歌うはずなのに、
ひとつ低いで歌ってしまっている。

このことをオク下と言います。

 

 

確かに同じドの音なので、
歌えていると錯覚している人も少なくありません。

体感で言えば、
男性は半分くらいオク下で歌っています。

 

一般的にオク下は
歌が下手だと思われがちです。

キー設定で言うと、
-12で歌っていることになります。

曲の雰囲気が大きく変わるだけでなく、
わかる人が聴くとオク下だとすぐにわかります。

 

無自覚オク下とは?

そして、無意識にオク下で歌っていることを
無自覚オク下と言います。

自覚のない状態で
1オクターブ下の音階を歌っていること。

 

先ほどの高いも低い
音階は違いますが、音程は同じドです。

わかる人にはすぐにわかるのですが、
わからない人には本当にわからない者です。

 

オク下かわからない原因のひとつに
カラオケ採点が挙げられます。

カラオケ採点の音程バーは
音程が合っていれば正確だと表示されます。

高いで歌っても、低いでも歌っても
あたかも合っているように見えます。

 

オク下・無自覚オク下になる原因

オク下・無自覚オク下になる原因は
耳が鍛えられていないからです。

音の高低をを聞き分ける感覚、
相対音感が弱いと言うこともできます。

 

絶対音感は生まれつきの才能、
小さい頃の教育が大きく影響します。

ただ、相対音感は
誰もが身につけることができます。

 

歌やピアノをやっている人は
相対音感が磨かれていることが多いです。

音を聞いて、すぐにハモれる人も
相対音感が非常に優れていると言えます。

 

オク下の簡単な判定法

音程測定アプリを使う

Androidであれば、『音声スペクトルモニター』、
iPhoneであれば、『あなたの音域測定します』など。

音域を調べてくれる無料のアプリは
たくさんあります。

 

歌いたい曲の音域を調べて、
その音が出せるかチェックすると良いです。

基本的に最高音を出すことができれば、
原キーで歌うことができると考えて良いです。

 

音域・最高音を調べる時は
こちらのサイトがとても便利です。

 

LIVE DAMの精密採点DXを使う

LIVE DAMの採点精密DXは
オク下判定してくれる唯一の採点モードです。

最後の採点結果の画面で右下に
音域が表示されるところがあります。

 

オク下で歌った可能性が高い場合は、
その音程に赤いマークがつきます。

赤いマークがいくつもついていたり、
連続している場合はオク下の可能性が高いです。

 

オク下の直し方

オク下を直すには聴いている音と出している音を
一致させることができれば良いわけです。

手軽にできる練習として、
チューナーアプリを使う練習法を紹介します。

 

「チューナーで」検索すると色々出ますが、
私は『Guitar Tuna』というアプリを使っています。

『Guitar Tuna』を起動して、
Aなどの音名を押すとその音が出ます。

 

その音と同じ音を出すつもりで
実際に声を出しましょう。

低い、高いなど表示されるので、
合わせるまで音の高さを調節します。

これを毎日やることで、
かなり相対音感がつくようになります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。