高い声を出したい人へ!高い声を出すための5つのコツ

・高い声を出すのが苦手!
・高い声の出し方を知りたい!

上記の悩みを解消します。

 

この記事は高い声の出し方、高い声を出すための基礎や
考え方をまとめた内容になっています。

高い声が出ないのは生まれ持った部分の影響も
大きいですが、トレーニングをすることで可能性を
最大限に引き出すことが可能です。

大好きな曲の音程が高くて、歌うのを諦めていた方は
ぜひ参考にしてみてください!

今回の内容を意識し、継続してトレーニングに取り組む
ことで今までよりも音域が広がるはずです。

 

それでは、始めていきましょう!

 


高い声が出ない理由

まず最初に高い声が出ない理由を理解しましょう。

考えられる原因は以下の通りです。

  • 身体や喉に無駄な力が入っている。
  • 高い声が出せないと思い込んでいる。
  • 表情やフォームに柔軟性がない。

この辺りが高い声が出せない理由になります。

特に身体や喉に無駄な力が入っていると、
思ったように
歌は歌えません。

 

高い声を出すためには、
発声に使う
たくさんの息が必要です。

そしてその息がスムーズに通れるように
喉を大きく開くことが大切になります。

無駄な力みがあることによって、
喉が締まり十分な息を確保することができません。

 

今までのクセを全て捨てて取り組んでみてくださいね。

 

高い声の出すための5つのポイント

では、高い声を出すためのポイントをお伝えします。

ポイントは以下の5つになります。

  1. リラックスして発声する。
  2. 高音への苦手意識を捨てる。
  3. 表情を柔軟にしながら歌う。
  4. ブレスを忘れずしっかりと息を吸う。
  5. 高い音程の前の音からしっかり歌う。

これらのポイントを押さえるだけで
高い声が非常に
出しやすくなります。

 

どうでしょうか?

これらを意識したことはありますでしょうか?

 

いずれも簡単なことばかりなので気軽に取り組んで
みてくださいね!

 

リラックスして発声する

歌を歌う時に1番に意識すべきポイントは
リラックスすることです。

高い声を出せない人の多くは、身体に無駄な力みが入り
喉を締めてしまっています。

まずはどうすればリラックス出来るのかを、知った上で
高い声を出すことに挑戦しましょう。

 

腹式呼吸で発声する

高い声を出す時に身体が力んでしまう人は、
腹式呼吸が
出来ていません。

腹式呼吸は以下のステップで実践しましょう。

  1. 後頭部と踵を直線で結ぶように立つ。
  2. 肩を上げずに息を吸う。
  3. お腹の膨らみを感じつつため息をつく。

歌はため息と同じものという考え方を持ちましょう。

高い声が出せない人のほとんどは、
身体に力を入れて発声してしまいがちです。

力が入ると喉が締まり、高い声が出せません。

 

ため息のように大きく息を吸い、力まずに息を吐く
イメージを持つことでリラックスしながら歌えます。

 

高音への苦手意識を捨てる

歌は自身のメンタルも大きく反映されます。

「自分には高い声は出せない。」と考えたままでは
いつまで経っても高い声を出すことはできません。

 

苦手だということを完全に忘れることはできませんが
「練習することで必ず高い声が出せるようになる!」
と信じて戦いを挑む気持ちを持つことが大切です。

 

初めのうちは声が裏返ってしまっても、
かすれても大丈夫です。

その都度、原因を少しずつ潰しながら改善をすることで
必ず前に進むことができますよ。

 

表情を柔軟にしながら歌う

高い声を出す時、無表情で歌ってしまっていませんか?

どんな表情で歌えば声が出しやすいのかを研究すると、
高い声が非常に出しやすくなります。

  • 目を瞑る。
  • 目を見開く。
  • 口を大きく開ける。
  • 目線を上に向ける。

これらどれか一つを実践するだけでも声の出しやすさは
大きく変わってきます。

 

口角は上げて歌いましょう

口の形は「い」の形にしておくのがオススメです。

こうしておくことで、喉や口内の空洞の開きが助長され
響く声になります。

声が響くことで高い声を出すための助けにもなります。

 

逆に口角を下げると喉が締まり、声も響かないので
必然的に力んでの発声になってしまうので注意です!

 

ブレスを忘れずにしっかりと息を吸う

歌を歌っているとブレスを忘れてしまいがちです。

「次のフレーズを歌うためにしっかりと息を吸う。」
という意識を持ってブレスを取るようにしましょう。

息が持たなくなってきた時だけブレスを取るという
形だとブレスの箇所がまばらになって安定感が損なわれ
高い声を出すために十分な息の量が確保できません。

 

高い声を出す時は勢い良く息を吐いて、遠くに声を
飛ばす意識が必要になります。

この際に必要な息を確保できるようにブレスをしっかり
取ることを心がけてみてくださいね!

 

高い音程の前の音からしっかり歌う

高い声を出す時、高い音程だけをしっかり歌うと
急な変化に耐えられず声が裏返る原因になります。

必ず助走をつけるように、高い音程の前にある音から
しっかりと発声するようにしましょう。

 

低い音から高い音へ向かう坂道を駆け上がっていく
イメージで歌ってみると良いですよ。

そして最初の1歩目を強く踏み出すように、フレーズの
最初にアクセントを置くように心がけてみてください!

 

まとめ

今回は高い声の出し方を解説しました。

高い声が出ない理由のほとんどを占めるのが
身体や喉の無駄な力みにあります。

今回は無駄な力みが入らないようにする方法を解説。

これらを身につければ高い声が出しやすくなります。

  1. リラックスして発声する。
  2. 高音への苦手意識を捨てる。
  3. 表情を柔軟にしながら歌う。
  4. ブレスを忘れずしっかりと息を吸う。
  5. 高い音程の前の音からしっかり歌う。

今まで意識できていなかったポイントがある人は
ぜひ試してみてください!

 

出せる音程の高さは人それぞれな部分がありますが、
頭ごなしに「自分は高い声が出ない。」と思い込み
可能性を潰してしまっている人も多いです。

そうならないよう、本記事の内容を参考に
トレーニングを継続してみてくださいね!

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です