ボイトレはどのくらいの練習時間を設けるのが良いのか??【歌唱力向上】

こんにちは!
歌い手部のりょーやです。

 

ボイトレをしたいけど
歌を上達させるには、

一日どのくらい練習時間
設けるのが良いんでしょうか?

という質問をよく受けることがあります。

 

そこで今回は、
ボイトレをする上での最適な練習時間
についてお伝えをしていきます!

 

 


ボイトレは毎日やった方がいいのか?

まず初めに

ボイトレは毎日やった方が良いのか?
というお話をしていこうと思うのですが、

ボイトレは、毎日はやらない方が良いです。

 

「毎日やった方が早く上達できるんじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが、

ボイトレをしたり、歌を歌うと、
喉に疲労が溜まります。

 

疲労が溜まった上で更に、
練習を重ねてしまうと、

喉を怪我してしまう原因になってしまうんですね。。

 

そのためボイトレを毎日行うのは、
喉に良くありません。

 

では、ボイトレはどのくらいの頻度で
行うのが良いのでしょうか??

 

ボイトレの適切な練習時間

ボイトレの適切な練習時間ですが、
ボイトレは、3日に2日の頻度で行うのが良いです。

 

ボイトレを毎日おこなってしまうと、
喉に疲労が溜まり続けてしまい、

怪我をしてしまうリスクが
高くなってしまうのと、

喉の筋肉が発達していくためには
休みを挟んだほうが

より効率的に発達させていくことができ、
歌唱力の向上につながります。

 

ただ、この適切な練習時間というのは、
あくまで平均的な時間であって、

人によって喉の強さは異なりますので、
適切な練習時間は人によって違います。

 

自分の喉に負担がかかりすぎない頻度で
ボイトレを行うようにしましょう!

 

1日の中の最適な練習頻度

日単位で見ると、
3日に2日のペースで練習を行っていくのが良いのですが、

1日の中ではどれくらいの時間練習
行うのが良いのでしょうか??

 

これは、人によって変わってくるのですが、
最低30分は練習を行うようにしましょう!

 

30分以上行うことで充分に喉が温まって、
喉の筋肉が鍛えられる程度練習を行うことができます。

 

そしてその上で、
喉が枯れない程度の練習時間を基準に
練習を辞めるようにしましょう。

 

喉が枯れてしまう状態は
喉に負担が掛かりすぎてしまっているので、

喉が枯れない程度で行うようにしましょう!

 

朝起きて声が枯れていたら練習は止めましょう

日々ボイトレを行う上で、
朝起きた段階で、声が枯れていたり、

喉に疲労が溜まっているのを感じたら、
その日の練習は控えるようにしましょう。

 

疲労が溜まっている状態で
喉に更に負荷をかけたとしても、

怪我をしてしまうリスクが高まってしまいますし、
喉を怪我してしまっては、

その日から数日間練習をすることができなくて
せっかく掴んだ良い感覚を忘れてしまうことにもなりかねません。

 

焦って無理に練習を重ねても
効率良く歌唱力を向上させていくことは
できませんので、

喉に疲労が溜まっている際には、
しっかりと休むようにしましょう!

 

最後に

いかがでしたか??

 

ボイトレをする上での
適切な練習時間が分かったと思います。

 

今回お伝えした練習時間は
あくまで基準に過ぎません。

 

人それぞれ現在の喉の強さによって、
適切な練習時間は変わってきますので、

喉を傷めない程度で
自分にあった練習でボイトレを行うようにしましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です