上手く歌えるようになる魔法の時間があるってホント?

あなたは朝起きて、
すぐに歌ったことはありますか?

歌ってみるとわかるのですが、
寝起きは本当に歌いにくいです。

喉にタンが絡んでいたり、
高い声が出しにくいでしょう。

 

実は、歌を歌うことには
良い時間帯・悪い時間帯があるのです。

このことを知っているだけで、
練習の成果を120%得ることができます。

自分の実力を出すことができて、
気持ちよく歌えます。

 

寝起きは避けた方が良い

まず、大切なのは
寝起きから3時間以上経っていることです。

寝起きでしっかりと歌うのは
本当に難しいです。

喉も身体も眠っている状態で、
激しい運動をしようとしているイメージです。

 

人は目覚めていても、
身体はまだ眠っているそうです。

歌を気持ちよく歌うには
身体が目覚めるまで待つ必要があります。

一般的に3~5時間ほど
寝起きから経つと良いと言われます。

 

食後も避けた方が良い

実は歌うことと食べることにも
大きな関係があるのです。

歌を上手く歌うためには
腹式呼吸をする必要があります。

腹式呼吸は簡単に言うと、
横隔膜を使う呼吸法でした。

 

当たり前ですが、
食事をすると胃が膨らみます。

食べたものや膨らんだ胃が
横隔膜を圧迫するのです。

重りが乗ったような状態です。

トレーニングにはなりますが、
フルパワーで歌うのは難しいでしょう。

 

また、食後は
唾液がよく分泌されます。

分泌された唾液が原因で
歌っていてむせることもあります。

つまり、食べた直後は
かなり歌いにくい状態です。

 

そのため、少なくとも
食後から2時間はあけた方が良いです。

実際にプロの歌手でも
食後すぐに歌うのは難しいです。

ライブの前には食べないと
決めている歌手もいるそうです。

 

まとめ

しっかりと身体が起きていて、
歌を歌えるコンディションが整っているか?

食べたものがお腹に残っていないか?

以上2点を確認することで、
気持ちよく歌うことができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。