【綺麗な高音への道!!】輪状甲状筋(裏声)の鍛え方

ボイストレーニングの勉強をしていると、
輪状甲状筋という言葉を耳にします。

輪状甲状筋とは
どういう筋肉なのでしょうか?

 

輪状甲状筋は歌を歌う中で、
とても重要な筋肉と言えるでしょう。

歌が上手くなりたいと思うなら、
絶対に鍛えなければいけない筋肉と言えます。

 

ということで、今回の記事で
輪状甲状筋の役割や鍛え方を説明します。

歌が上手くなりたい、歌い手をやりたい人は
最後までしっかり読んでください。

 


声のピッチが変わる原理

輪状甲状筋の説明に入る前に
喉の仕組みについてザッと解説します。

 

喉は大きく分けて、
2つの軟骨からできています。

上にある軟骨を甲状軟骨と言い、
下にある軟骨を輪状軟骨と言います。

 

そして、もうひとつ重要な軟骨が
輪状軟骨の一番上の後ろ側にあります。

披裂軟骨と呼ばれる軟骨で、
先端が声帯とくっついています。

 

披裂軟骨が動くことによって、
声帯が伸びたり、緩んだりします。

高い声を出す時は薄く引き伸ばされ、
低い声を出す時は緩んでいます。

声帯が伸びたり、緩むことが
声のピッチが変わる原理だったのです。

 

輪状甲状筋とは?

『披裂軟骨が動くことで、
声帯が伸びたり、緩んだりします。』

先ほどの章で、
私はこのように説明しました。

 

ただ、軟骨は
動かすことができないはずです。

軟骨は伸縮性がないため、
自分の意思で動かすことはできません。

 

つまり、何かの力を使って、
披裂軟骨を動かす必要があるのです。

披裂軟骨を動かす筋肉こそが
輪状甲状筋なのです。

 

輪状甲状筋を動かすことで、
ピッチの高さをコントロールしているのです。

キレイな高音を出す時に
まず輪状甲状筋が特に重要になります。

 

高音をキレイに出したい人は
輪状甲状筋を鍛えるべきでしょう。

苦しそうな高音を卒業して、
ラクに高音を出せるようになります。

 

また、それだけでなく
輪状甲状筋は歌の基礎となります。

音痴で悩んでいる人のほとんどは
輪状甲状筋が発達していないと言われます。

 

輪状甲状筋の鍛え方

ファルセットを出す

発声に関わる筋肉は
発声でしか鍛えることができません。

だからこそ、ほとんどの人は
輪状甲状筋が発達していないのです。

 

輪状甲状筋を鍛えるためには
裏声を出すことが一番効果的です。

それも息漏れのある裏声、
いわゆるファルセットという声です。

 

フクロウの鳴き声をイメージすると
わかりやすいと思います。

「ホーホー」という風に
ファルセットを出しましょう。

 

「ファルセットって何?」
という方はコチラの記事をご覧ください。

高い声がラクに出る!?ファルセットの出し方とコツとは?

2017.02.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。