ロングトーンのコツと効果的な練習法

歌い終わりやサビの最後で、
歌声を伸ばすテクニックをロングトーンと言います。

長くキレイに伸ばしている歌声を聴くと、
「かっこいいなぁ…。」と思います。

 

実は、ほとんどの曲で
ロングトーンを使うところがあります。

そのため、ロングトーンの練習は
ボイストレーニングの中でも重要です。

そこで、今回は
ロングトーンの練習法をお伝えします。

 


ロングトーンとは?

ロングトーンとは、
一定の音を長く伸ばすことです。

フレーズの終わりや
サビの最後でよく使われます。

 

声を伸ばすだけならまだしも、
高音をキープするのはキツイです。

ロングトーンは比較的、高音の部分で
よく使われるのがネックです。

 

ただ伸ばすだけと思われがちですが、
意外と奥が深いものです。

キレイなロングトーンを出すことは
しっかりとした発声の基礎が必要です。

 

ロングトーンのポイント・コツ

「必死に頑張って、声を伸ばしてるなあ…。」

聴いている人がそう感じてしまう歌い方は
決して上手いとは言えません。

 

ロングトーンのポイントは、
キレイに・長く・ブレずに伸ばすことです。

キレイに歌声を伸ばすためには、
発声の基礎ができていることが必須です。

 

喉が開いていて、リラックスができていないと
辛そうな歌声になってしまいます。

無理やり声を伸ばしていても、
かっこいいとは思いません。

 

また、腹式呼吸ができていないと、
声を伸ばし続けることは難しいです。

途中で息が切れてしまうか、
段々と声が小さくなってしまいます。

 

そして、同じ音程をキープするのは
かなり難しいです。

同じ音を出しているつもりでも、
実はブレているということがほとんど。

同じ音程を保ち続けるためには、
喉周りの筋肉が発達していないとできません。

 

 

ロングトーンができない原因

「ロングトーンを出そうとしても、
弱々しくなってしまう…。」

「最後までしっかり伸ばしきれない…。」

 

ロングトーンが上手くできない場合は
何らかの原因があります。

 

よくある原因としては、

  1. 息を使いすぎている
  2. 余計な力が入っている

の2つが挙げられます。

 

ロングトーンを長く伸ばすためには、
必要最低限の息で声を出す必要があります。

また、喉の周りが力んでいると、
パワフルなロングトーンは出ません。

 

まずは腹式呼吸ができているかどうか、
チェックしましょう。

また、一定の息の量を出す練習として
リップロール・タングトリルがあります。

合わせて練習することで、
ロングトーンの効果が出やすくなります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

歌上達の第一歩!!腹式呼吸の効果とやり方

2017.02.17

ウォーミングアップに最適!!タングトリルの効果とやり方

2017.02.17

高い声が出しやすくなる!!リップロールのやり方とコツ

2017.02.16

 

ロングトーンの練習法

それでは、早速、
ロングトーンの練習に入りましょう。

 

まずは、出しやすい音で
「あー」と息が続くまで長く伸ばします。

なるべく同じ息の強さで、
音程をキープすることを意識しましょう。

 

時計を見て、どれだけ長くできるか
自分の実力を把握しましょう。

30秒ほど出し続けることができれば
一旦、OKです。

 

最初はロングトーンを30秒出すことは
難しいかもしれません。

10秒、15秒で
息が切れてしまう方もいるはず。

 

ロングトーンは継続して練習すれば、
確実に長く出せるようになります。

ぜひ頑張ってください。

 

30秒キープすることができるようになったら、
音程を変えてみたり、言葉を変えてみましょう。

低い声でも、高い声でも伸ばせて、
キープできるようになればバッチリです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。