【強く綺麗な高音】高音に効果的なエッジボイスとは

こんにちは!
歌い手部のれのんです!

 

あなたはエッジボイスという
発声方法をご存知ですか?

この技術は歌う時にも使えますし、

また、出すだけで
高音が強化されるという話もあります。

 

今回はより高音発声練習に効果的な
エッジボイスについて書いていきます。

強く綺麗な高音を出したい!
という方は是非読んでください。

 

 


エッジボイスとは

エッジボイスとは

閉じた声帯に音になる最低限の息を
当てて振動させる技術です。

 

音になる最低限の息が少量ずつ細かく
音になるので

「あ”あ”あ”あ”あ”」という音になります。
その音の特徴から、呪怨ボイスとも呼ばれます。

 

詳しい出し方、練習法については
以下の記事で解説していますので

こちらも合わせて読んでください!

【呪怨ボイス!!】エッジボイスの効果・出し方・コツ

2017.02.16

 

強く綺麗な高音を出すために必要?

強く綺麗な高音を出すためには

息と声帯閉鎖のコントロールが
必須となってきます。

 

エッジボイスは声帯閉鎖する筋肉を

絶妙な息の量と、絶妙な声帯閉鎖加減を
コントロールして出す技術です。

 

つまり、強く綺麗な高音を
出すために必要な要素である

息と声帯閉鎖のコントロールを
鍛えるのにエッジボイスは最適なのです。

 

声帯閉鎖について詳しくは
以下の記事を参考にしてみてください!

声帯閉鎖に必要な閉鎖筋の鍛え方を解説しようか

2017.08.01

【発声の基本!!】声帯閉鎖の感覚・鍛えるためのトレーニングとは?

2017.02.20

 

意識するポイント

高音を意識した練習

閉鎖筋を鍛えるために、

声帯の閉鎖加減、息の量を
意識するのはもちろんのこと。

 

より高音を意識した練習として

高音でエッジボイスを出す
練習をオススメします。

 

エッジボイスを出した状態から

そのブツブツ感を保ったまま
音程を上げていってください。

 

音程を上げていくとどんどん
ブツブツ感を出しにくくなりますが

エッジから通常の発声に移行してしまう時の
声に良く注目してみてください。

 

「ゥ”ゥ”ゥ”ゥゥウウ↑↑!」

という風にブツブツ感を保てずに
声が抜けるのが普通です。

 

この時、声帯をギリギリ震わせるレベルで
声帯を閉鎖するエッジボイスから

通常の発声に繋がっているので

声に息が混じりにくく、
クリアな高音を出せていると思います。

 

「裏声だと声に息が混じって
掠れたようになってしまう」

という人は

このクリアな高音の感覚を
覚えるようにしましょう。

 

この練習を繰り返すことにより、

息漏れのしない、クリアで強い高音の出し方に
慣れていくことができます。

 

鼻腔共鳴を意識

次に注目するポイントとして、
鼻腔共鳴を意識してください。

 

鼻腔共鳴とは、鼻の中(鼻腔)の
空間にある空気を振動させることで

声量を稼ぎ、主に高音域を
楽に大きな音量で出す技術です。

 

エッジボイスを出す時、

鼻に向けて声を当てるイメージで
出してみましょう。

 

鼻腔共鳴について詳しくは
以下の記事で書いていますので

合わせて読んでみてください!

良い歌声になる「鼻腔共鳴」のコツと感覚

2017.02.23

鼻腔共鳴ができない場合のトレーニングのやり方・コツ

2018.04.20

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です