声の通りが良くなる!!ハミングの効果・やり方・練習法

「声量が小さくて、全然聴こえない…。」
「音程があまり合わない…。」

歌っていて、
そんな風に感じたことはありませんか?

 

寝起きや午前中だと、
なかなか声が出ないと思います。

そこで、今回は
ハミングという練習法をお伝えします。

ハミングをマスターすることで、
声の通りが良くなります。

 

ハミングとは?

ハミングとは、
口を閉じて鼻を通じて歌うことです。

わかりやすく言うと、鼻歌のことです。

気分が良い時に鼻歌を歌っている人もいますが、
ハミングはとても効果的な練習法です。

 

ハミングの効果とは?

音程が取れるようになる

ハミングは口を閉じているため、
歌うことができません。

歌詞をくちずさむことができず、
音程を合わせることしかできません。

 

逆に言うと、音程を合わせることだけに
集中することができます。

そのため、音程を取る練習として
かなり効果があります。

 

高い声が出しやすくなる

鼻歌を歌っていると、
地声よりも高い声になりませんか?

それもそのはずで、高い声を出すコツは
鼻を上手く使うことです。

ハミングをすることで、鼻を使う感覚がわかり、
高い声が出やすくなります。

 

声の通りが良くなる

声量が小さいと悩む人の多くは
声を響かせられていないことが原因です。

 

イメージとしては、
アコースティックギターとエレキギターの違い。

アコースティックギターは、空洞があるため
弾くだけで大きく響きます。

一方、エレキギターは空洞がないため
アンプに繋がないと、音は聞こえません。

 

つまり、声量が小さい、声が通らない人は
身体を上手く使えていないのです。

このハミングは声を響かせる練習になり、
声の通りがよくなります。

 

腹式呼吸が鍛えられる

ハミングは口を閉じているため、
口から息を吸うことができません。

そのため、鼻から息を吸うためには
腹式呼吸ができていることが前提になります。

ハミングをすると、
腹式呼吸を鍛えることもできます。

 

ハミングのやり方

基本的に、鼻歌を歌う感じだと
思って構わないです。

  1. まず、口を閉じます。
  2. 腹式呼吸を意識して、鼻から息を吸います。
  3. 鼻を通して、「んー」と声を出します。

 

ハミングのコツ

喉に力を入れない

正しいハミングをするためには、
リラックスが大切です。

緊張して体がこわばっていると、
高い声が出ず、声が響きにくいです。

上手くハミングができない場合は
ウォーミングアップして身体をほぐしましょう。

 

口の奥・鼻に振動を感じる

先ほども言ったように、ハミングは
声の響きを掴むことができます。

口の奥や鼻に振動を感じれば、
正しいハミングができているということになります。

 

息の量を確認する

ハミングの大切なポイントとして、
息が漏れていないことが挙げられます。

息がたくさん漏れていると、
無理やり声を出している可能性があります。

また、しっかりと身体で
声を響かせられていない可能性が高いです。

 

そこで、鼻の下に手を当てて、
息の量を確認しましょう。

息が少なければ少ないほど
良いハミングができているでしょう。

 

ハミングの効果的な練習法

STEP1

ハミングができるようになったら、
なるべく長くできるようにしましょう。

また、声を響かせることを意識して
息の量を減らしましょう。

次に、いろんな音程で
ハミングできるようにしましょう。

 

STEP2

自分が歌う曲に合わせて
ハミングで音程を取ってみましょう。

これが意外と難しくて、音程が取れるようになると
かなり上手く歌えるようになります。

また、良い歌声を出す練習にもなるので
ぜひ頑張ってください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

2 件のコメント

  • ハミングの説明はよく理解でき、私にとって大変役に立ちました。ありがとうございました。Stup2では、自分で歌う曲に合わせてハミングで音程をとりましょう。とありますが、、元歌に合わせてハミングするのか、又はカラオケに合わせてハミングした方がいいのか、この辺で迷っているのですがご意見を聞かせていただけたら幸いに思います。

    • >>橋本征男さん
      コメントありがとうございます。

      歌に合わせてハミングをして音程が合っているかどうかわかるのであれば、歌に合わせてハミングしても良いと思います。

      ただ、カラオケだと採点で音程が合っているか判定してくれますので、カラオケで練習することをオススメしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です