【心をぐっと掴め!!】魅力的なハスキーボイスの出し方とは?

宇多田ヒカルさんや平井堅さんの
特徴的な声をハスキーボイスと言います。

あの独特のしゃがれた声に
憧れる方も少なくないでしょう。

桑田佳祐さんはウォッカでうがいをして、
大声を出してあの声を作り上げたんだとか。

 

一方で、ハスキーボイスに悩む人も
少なからずいます。

自分は意識していないのに、
歌声がしゃがれた感じになってしまう。

 

無意識にハスキーボイスになってしまうと、
声に芯がなくなり、表現の幅も狭くなります。

そういう方はハスキーボイスを治したいと
思っているでしょう。

 

そこで、今回は
ハスキーボイスの正しい出し方をお伝えします。

ハスキーボイスを使い分けられるようになれば、
表現の幅が広がること間違いなしです。

 

ハスキーボイスとは?

ハスキーボイスとは、
しゃがれてかすれた声のことを言います。

ハスキーはとうもろこしの皮が語源で、
乾いた皮、乾いた声という意味になったそうです。

黒人特有の渋みのある歌声だったり、
優しくも切ない雰囲気を出すことができます。

 

個人的には、ハスキーボイスは
2つのタイプがあると思っています。

 

まず、ひとつが
無意識にハスキーになってしまうタイプ。

声が枯れた状態というとわかりやすいと思いますが、
慢性的に声が枯れているタイプです。

 

仕事などで日常的に大声を出す人、
頻繁に飲酒・喫煙をする人。

また、運動部で大声を出していた人、
カラオケなどで長時間歌い続ける人も多いです。

 

実は、ボイストレーニングの生徒さんも
ハスキー気味な傾向があります。

歌声をよく聴いてみると、
息が混じっているように感じます。

 

酷くないハスキーボイスであれば、
根気よくトレーニングすることで改善します。

声帯のケアをすることで、
歌声がしっかり響くようになります。

 

もうひとつが、意識的に
ハスキーボイスを出せるタイプ。

つまり、ハスキーボイスの雰囲気を
出すことができる人です。

 

魅力的なハスキーボイスを出すためには、
声帯の閉じ具合を調節できることがポイントです。

 

声帯をゆるく閉じると、
息混じりのハスキーっぽい声になります。

芯のある歌声を出したければ、
声帯をしっかり閉じれば良いのです。

 

ハスキーボイスになる原因

無意識にハスキーボイスになってしまう人は
ハスキーボイスを治したいでしょう。

まずは、無意識にハスキーボイスになる原因を
説明しましょう。

 

声帯に無理な負担をかけてしまい、
声帯の形がでこぼこになってしまうのが原因です。

声帯がぴったり合わなくなってしまい、
空気が漏れて息混じりの歌声になります。

 

正しい発声をしていたとしても、
職業や生活柄でハスキーボイスになることがあります。

そして、こういう場合、
治そうと思ってもなかなか治りません。

 

ハスキーボイスの出し方・治し方

ハスキーボイスを使い分けるポイントは
声帯の閉じ具合にあります。

声帯は弱く閉じると、
息の漏れたような声になります。

 

「はぁ~」と声を出してため息をつくと
イメージができると思います。

声帯をさらに弱く閉じると、
ハスキーボイスを出すことができます。

 

逆に強く芯のある声を出す時は
声帯をしっかりと閉じれば良いわけです。

ハスキーボイスを使い分けるためには、
声帯の閉じ具合を調節すれば良いのです。

 

  1. まず声を出さずに、
    「はー」と息を吐きます。

  2. 次に少しだけ声を出すように、
    「はー」と息を吐きます。

  3. 少しずつ声の大きさを
    上げていくようにしましょう。

 

これを繰り返すことで、
声帯の閉じ具合をイメージできるようになります。

 

声帯閉鎖について詳しく知りたい方は
こちらの記事もご覧ください。

【発声の基本!!】声帯閉鎖の感覚・鍛えるためのトレーニングとは?

2017.02.20

【呪怨ボイス!!】エッジボイスの効果・出し方・コツ

2017.02.16

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です