【カラオケ好き必見】歌うとすぐ疲れる原因と対策を徹底解説

こんにちは。歌い手部のクロです。

「カラオケで何曲か歌うと疲れてしまう。」

最初の数曲は元気でも段々疲れてしまう
ことってありますよね。

 

今回はそんな方のための記事を書きました。
是非チェックしてみてくださいね。

 

歌うとすぐに疲れてしまう原因と対策

 

 

声が響いていない

歌うとすぐに疲れてしまう方の多くは
力に任せた歌い方をしているようです。

声を張り上げず、響かせるイメージで
歌いましょう。

 

声を響かせるためのウォーミングアップ
をいくつか紹介します。

 

 

リップロール

高い声を出すには腹式呼吸や
喉を開くことが重要です。

リップロールはそれに役立ちます。

 

リップロールには唇をブルブル震わせ、
唇と声帯をほぐす効果があります。

腹式呼吸について詳しくはコチラ

腹式呼吸の発声を身につけよう!横隔膜のコントロールがカギ

2017.12.19

喉を開く方法について詳しくはコチラ

芯のある声を出せるようになる「喉を開く」感覚の掴み方と練習法

2017.02.15

リップロールについて詳しくはコチラ

高い声が出しやすくなる!!リップロールのやり方とコツ

2017.02.16

 

 

ハミング

口を閉じ、ドレミファソラシドを何度か
ハミングで歌ってみましょう。

回数を経るごとに半音ずつ上げるのが
ポイントです。

息が鼻を抜ける鼻腔共鳴の感覚を
つかみましょう。

鼻腔共鳴について詳しくはコチラ

良い歌声になる「鼻腔共鳴」のコツと感覚

2017.02.23

 

 

 

レガート

ドレミファソラシドのメロディーを
ロングトーンで歌いましょう。

 

半音ずつ上げ、限界まで歌いましょう。

「なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁー」
「にぃにぃにぃにぃにぃにぃにぃにぃー」

 

といった感じで
全ての母音で練習するのがポイントです。

 

 

喉が締まりすぎ

喉が開いていないと、声帯も当然
効率的に機能しません。

狭いホースにたくさん空気を送れば、
負担がかかって疲労してしまいます。

 

同じように喉が締まった状態で
無駄な息を吐いて歌うと疲労してしまいます。

 

 

喉に力が入っている

喉に力が入っていると
声が枯れてしまったり
声が硬くなったり

してすぐに疲れてしまいます。

 

喉から力を抜く方法をいくつか紹介します。

 

 

姿勢を正す

腰、肩、頭の位置関係が
常に一定になるよう心がけましょう。

具体的には、背筋を天井の方へ引っ張られ
ている感覚で、真っ直ぐのばします。

 

次に肩の力を背中の筋肉の上に預ける
ようにし、力を抜きます。

頭の位置は食べ物が飲み込める程度、顎を引く
くらいの状態です。

 

腰、肩、頭が常にこの位置関係で歌うと
とても歌いやすく疲れづらいようです。

 

 

顎の使い方を意識

口を大きく開けて歌おうとすると、多くの人が
下顎をパクパク動かしがちです。

下顎ではなく、上顎を
動かす意識を持ってみましょう。

 

声が通りやすい自然な顎の使い方ができます。

 

 

背中に意識を置く

体の背中側には硬めの筋肉が多いんです。

意識を背中側におくことで、姿勢も気持ちも
安定し歌いやすくなるようです。

 

 

筋力不足?

歌うと疲れてしまう理由は

 

元々人間の喉は歌うようにできていないからだ

元々アフリカで人類が誕生した頃は歌うように
できていたが、退化してしまった。

 

など様々な説があります。

 

いずれにせよ、歌うと疲れる理由は喉の筋肉が
鍛えられていないからといえそうです。

歌を始めたばかりの方は特に筋力がなく、
力んでしまい、すぐに疲れてしまうようです。

 

 

呼吸の仕方が悪い

高音などで歌う場合は特に
腹式呼吸で歌うことが重要です。

腹式呼吸が身についていないと
無駄に息をはいてしまい
疲れてしまうようです。

 

 

部屋の温度や湿度のせい?

カラオケルームのエアコンは自分で
設定できることも多いです。

喉に負担がかからないためにも
消してしまいましょう。

 

つけておくとしても、暖房は20℃くらい
冷房は28℃くらいにしておきましょう。

また、普段からマスクを持っておけば
乾燥から喉を守れます。

 

 

飲み物や食べ物のせい?

冷たい飲み物は避け、常温の水を
常備しておきましょう。

喉を少ない刺激で乾燥から守れます。

 

炭酸やお酒等は喉に刺激を与えるので
歌う時にはあまりおすすめ出来ません。

また、食べ物では油物は喉を乾かすので
あまりおすすめできません。

 

 

カラオケの機械を調整

自分の声量にあったバックミュージックの
ボリューム、キーを選ぶことは重要です。

マイクのボリュームの調整も重要なので
あわせてチェックしてみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です