割り箸でボイストレーニング自宅で出来る音痴改善方法とは

今回は自宅で手軽にできる
ボイストレーニングを紹介します。

必要なのは割り箸のみ。

レッスンに通う余裕のない方もは
気軽に始められる方法なんです。

是非参考にしてみてください。

割り箸で喉が開く?

割り箸を使ったボイストレーニングで最も
有名なのが喉を開くためのトレーニングです。

では、そもそも喉を開くとは何なのか。

 

喉を開く上では、軟口蓋を上げること
喉仏を下げることが重要とされています。

 

また、喉を開くと

・声が響くようになる
・声に膨らみが出る
・息の流れがスムーズになる

と言われています。

 

そして、より具体的には

・高音発声ができるようになる
・音程が取れるようになる
・音痴が治る

といったメリットがあります。

喉を開いて芯のある声を出す方法はコチラ

芯のある声を出せるようになる「喉を開く」感覚の掴み方と練習法

2017.02.15

 

割り箸を使ったボイトレ練習方法

それでは、割り箸を使った
ボイストレーニング方法について解説します。

 

 

力を抜くトレーニング

割り箸を横にくわえます。

頬を上げるために少し微笑んでおく
ことがポイントです。

 

このトレーニングをすると
口の中、舌、喉から力が抜けます。

ボイストレーニングでは口の中の空間を
広くとるというのが基本なんです。

 

なので、あらゆるボイストレーニングの効果
を高めるのにも、これは役立ちます。

毎日、短時間で良いので続けると
ボイストレーニングの効果も上がります。

 

是非試してみてください。

 

 

喉を開くトレーニング

割る前の割り箸2膳を左右の奥歯で噛みます。

 

そのまま、できるだけ長く「アー」と発声します。
次に、割り箸を噛まずに「アー」と発声します。

 

違いを感じられたでしょうか。
割り箸を噛んだ時には、喉が強制的に開いているんです。

割り箸を噛んで発声
噛まずに発声を交互に繰り返します。

 

喉が開いている実感が湧けば成功です。

割り箸を噛まずとも、
喉を自在に開けるのを目指しましょう。

また喉が開ければ、高音発声も難なく出来
音痴矯正にも役立ちます。

 

即効性のある初心者にも向いた
練習方法なので、是非やってみてください。

 

 

喉を開くトレーニング 実践編

割り箸を噛んで発声し、喉を開く感覚が
つかめたら、そのまま歌ってみましょう。

物を噛んだ状態なので、滑舌は悪くなります。
しかし、声が響く感覚はつかめると思います。

 

是非試してみてください。

 

コチラのボイストレーニングも自宅で手軽にできます。

バケツでボイストレーニング自宅で出来る音痴改善方法とは

2017.12.29

その他ボイストレーニング方法についてはコチラ

【悩み別!!】ボイストレーニング(ボイトレ)の方法をまとめ

2017.10.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。